生前整理を検討中の方必見!断捨離との違い・手順・業者の選び方などの基礎知識を解説

当サイトは生前整理を検討中の方必見の情報を紹介しています。
断捨離との違いや手順、さらには業者の選び方などの基礎知識を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
生前に行う身の回りの整理は、どのような手順で進めるのが良いか知りたい場合にもおすすめのサイトです。
効果的な方法をしって、活用することができるはずです。
また生前に行う整理を業者に依頼する場合の選び方も解説していますので、業者の利用を考えている場合にもおすすめできます。

生前整理を検討中の方必見!断捨離との違い・手順・業者の選び方などの基礎知識を解説

生前整理に興味があるけれど、具体的にどのようなものなのかよく分からないという人もいるのではないでしょうか。
ここでは知っておきたい生前整理の基礎知識を紹介します。
生前整理は断捨離と似ているため、同じように思われがちです。
生きているうちに自分のものを整理して、不用なものは処分します。
その手順はまず身の回りの物から始め、その後デジタル機器そしてエンディングノートの作成などをするのが良いです。
業者を利用する場合には、複数社で見積もりを取り選択するのがおすすめです。

生前整理を行って後悔しない生き方をしよう

自分が生きている内に所有している物やデータなど含めて、整理する事は多くの人が取り入れています。
生前整理として残された遺族側が困るような物など、事前に自分で判断して捨てるのか保存するのかを考えてまとめていく事が大切です。
また残した物の今後の処分方法なども、遺族に対して残しておくとより負担を減らす事が出来ます。
実際に生前整理を行っていく中で、思い出の品を見つけた際に昔を思い出し後悔した思いになってしまう場合も多いです。
人生の中でもよい思い出よりもつらい記憶や嫌な記憶の方が多く、覚えている事も嫌な思い出の方が多くあります。
ただし自分の人生を振り替えて後悔するよりも、いい人生だったと思えるような生き方をする事も重要です。
反省したり辛い思い出を消す事は出来ませんが、辛い記憶も含めて自分の人生の一部であり糧となったと思える気持ちを持つ事もポイントといえます。
全てを前向きにとらえるのは難しいですが、少しでも前向きな生き方が大切といえます。

生前整理をスムーズに進めるためのコツとは?

生前整理を考えている場合、実際にどこから手をつけたらいいか迷う事も多いです。
そのためスムーズに進めるためのコツとして、まずはチェックリストを作ります。
リストを見ながら行う事で、整理漏れだけでなく何を整理したかを確認しながら整理する事ができるので便利です。
部屋全体を一度に行うのではなく、部屋の場所毎に分けて取り組むという方法も有効的なコツになります。
例えば寝室であれば納戸やベッドの下の引きだしなど、整理すべき個所は多くあります。
それらを一度に手を付けるのではなく、ベッド下の引き出しを整理するのであればその場所を全て完了するまで他に手をつけないという事も重要です。
1箇所毎に着実に生前整理を行う事で、ゆっくりであっても着実に進める事が出来ます。
また自分で時間制限を設けないという点も重要であり、期限がないからこそしっかり向き合って整理する事が出来ます。
1年から1年半ほど時間をかけて取り組むことで、整理漏れだけでなく的確に整理するポイントといえます。

生前整理と断捨離の違いを押さえておこう

生前整理と断捨離は捨てるとか整理するといった点で似ている要素があることは事実であり、両者を同じようなものととらえている人もいます。
しかし、言葉の持つ意味をしっかりと考えると両者には明らかな違いがあることに気づきます。
分かりやすく言えば、断捨離とは現在及び将来の自分自身のために行うものです。
一方で生前整理とは自分自身のためというよりは自分の死後に残された家族のために行うものを指します。
要するに、視点というか観点が全く異なるということで、自分自身を中心において捉えるか、それとも家族のことを考えるかにあるとも言えます。
もちろん両者は重なる部分も否定しません。
ですが、現時点と今後の自身の生き方を考え、何が必要で何が不要かを選別してより自分らしく生きられることを目指すのか、それとも死後に残された家族にとってどのように扱ってよいか困るものを選別するかの違いです。

生前整理は相続トラブル発生の防止につながる

自分が亡くなった時に、残った遺産や物などは遺族側が整理する事になります。
使用したいた人がいなくなる事で捨てるか保管するかの判断は遺族がする必要があり、労力や心労も含めて苦労する場合が多いです。
また残された遺産によっては相続に関するトラブルに繋がる事もあるので、それを避けるために生前整理を行うという場合もあります。
生前整理は自分自身が所有している物や遺産なども含めて、生きている内に整理する方法です。
生きているからこそ自分で的確に判断する事ができ、捨てる場合であっても納得して処分する事ができるのが魅力です。
遺産なども生前に相続の話をする事ができるので、いざ亡くなった時のトラブルを避けるという事が出来ます。
遺産に対して家族観でしっかり話し合いをする事ができ、自分だけでなく遺族も納得できるのが魅了です。
お互いが顔を合わせて話し合いができるのはとても需要なので、遺族側への配慮して生前整理を行うという人もいます。

生前整理に関する情報サイト
生前整理の基礎知識

当サイトは生前整理を検討中の方必見の情報を紹介しています。断捨離との違いや手順、さらには業者の選び方などの基礎知識を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。生前に行う身の回りの整理は、どのような手順で進めるのが良いか知りたい場合にもおすすめのサイトです。効果的な方法をしって、活用することができるはずです。また生前に行う整理を業者に依頼する場合の選び方も解説していますので、業者の利用を考えている場合にもおすすめできます。

Search